FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアムでの被災のお話

あれから1週間。 この1週間にどれだけ多くの人が泣き、辛い思いをしたことでしょう。
とても長い1週間だったように感じます。


ふと、「そういえば、私も水を運んだり、電気のない生活してたなあ~。」と、もう10年以上
も前のことを思い出しました。


当時、私はグアムに住んでいました。夫(日本人です(笑))と、まだ子供はいなかったので、
ジャックラッセテリアのデロと一緒です。


12月に入ったというのに大きな台風がやってくるという情報が入りました。
元からグアムは台風の通過地点なので台風が直撃することは頻繁にあり、そのたびに停電が
起こることもよくありました。 

でも1997年に来た台風PAKAは超巨大なもので、最大瞬間風速が105.5m/秒の
世界的記録を出すほどの勢力でした。

台風は地震と違って進路などがある程度予測できますので、近づく前に準備をする時間が
多少あります。グアムでは台風が近づくにつれコンディションがあり、コンディション4から
1までの警告が出されます。コンディション2になると学校やほとんどの会社は休みになり、
妊娠7カ月以上の妊婦さんは病院へ避難するように注意が出されます。


台風PAKAはもちろんコンディション1。 私達の家は海から離れた山の中のマンション
でしたが、家の中にいてはガラスが割れる危険性があるので、マンションのちょうど中央に、
らせん上に位置する非常階段に住民全員が避難します。時間も真夜中でした。大嵐の夜。
私と一緒にいるデロも震えています。 実はデロは部屋から避難する時にパニックになって
逃げました。どこかよそのお宅に入っていったのかもしれません。 
なかなか探すこともできず、最終的には戻ってきたんですけどね・・・。

他の住民は、こんな時ギターを持ちだして歌う人、ただひたすら祈る人、色々です。
デロは気圧の変化に特に弱い子。というのは日本に帰ってきてから
動物病院で言われたことがあるのでこの時もかなり辛かったことでしょう。


moblog_f619250a.jpg

夜が明けたら・・・こんな悲惨な状況に・・・。
電気はもちろん止まりましたが、断水も2~3日ありました。 
マンション内のプールからトイレ用の水をくみ、マンションの7階まで
水を持ってひたすら階段を上がります。

観光地の街のほうは、それぞれのホテルや会社などに発電機があるのである程度の
電気はすぐにつきます。 でも我が家は水も電気もない…。幸い車は無事でしたので、
街まで車を走らせホテル(確かヒルトンでした)の洗面所で顔を洗いましたっけ。
コインランドリーのことなんか知らなかったので、ビーチ近くにある水道で
必要最小限の洗濯もしましたっけ…。


結局、水は早く復旧しましたが、電気は山奥の田舎の地域だったせいか、
復旧するまで1カ月以上かかったのです。 カセットガスコンロでお鍋でご飯を炊くのも
上手になりました。冷蔵庫は使えないので毎日のように少量の食材を買いにいかなくては
なりません。 あの頃、昼間は買い物の他に何をしていたんでしょう(笑)。
テレビで唯一流れるNHKが頼りだったのに、きっとラジオを聞くしかなかったんでしょうね。


多少、日本人の知り合いはいましたが、基本的に昼間は1人。夫以外の家族はもちろんおらず、
デロにはずいぶん助けられました。


不思議と辛かった記憶はあまり残っていません。日本で1ヶ月月以上電気がない生活なんて
考えられないですけどね。 お正月用のパウチパックに入ったおせちのセットをいただいたのが
とても嬉しかった。など、ちょっぴり笑える記憶がよみがえってきます。
きっと当時はとても辛かったのかもしれないけど…。忘れられるものなんですかね。


・・・私の経験と今回の被災された方を比べるなんて到底できません。
被災された方ばかりでなく、救助に当たった方達も悲惨な光景の毎日で精神的に
相当疲れていることでしょう。今回の地震によって被災していなくても仕事に大きく
影響が出てしまった方など、生活が大きく変わって辛い思いをされている方も
たくさんいらっしゃると思います。


テレビの映像を見ては涙を流し、何もできない自分に苛立ち、悲しむ…。


でもツイッターでどなたかがつぶやいていました。
『今、震災に際して何もできなくて勝手に凹んでいる人へ。今から地道に貯金して、
2年後3年後に東北に旅行にいく計画を立てよう。きっとその頃にはとりあえず復興できた
観光地が閑古鳥で苦しんでいるはず。貴方達の出番はその時だ。本気で心配しているなら、
今の気持ちを簡単に忘れないこと』

又、家を無くした40代の女性も、『私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。
皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます』

と・・・。


日本人、普段はクールだけど、とてもあたたかい心を持っています。
こんな時でも秩序を守る人々。外国人の方はビックリしてます!

 

『ひとりの小さな手、何も出来ないけどそれでもみんなの手と手を合わせれば何か出来る、何か出来る
ひとりの人間はとても弱いけど、それでもみんながあつまれば強くなれる、強くなれる。』
(「ひとりのちいさな手」という歌より)


歌手の松山千春氏もラジオでいっていました,『知恵がある奴は知恵を出そう、力がある奴は力をだそう、
金がある奴は金を出そう、「自分は何にも出せないよ・・」っていう奴は元気出せ』



頑張れ日本! ひとりひとり出来ることを!
私達も今の気持ちを忘れず、1日も早い復興と平穏を祈りたいものです。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://petnomori.blog112.fc2.com/tb.php/402-adb25dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

petnomori

Author:petnomori
ペット情報サイト「ペットの森」のスタッフのちえです。 ワンちゃん大好き!ネコちゃん大好き! 動物大好き!

3人の子供の母でもあり、毎日バタバタ奮闘中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (132)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。